Top > 紫外線が影響する髪と肌

紫外線が影響する髪と肌

今日は行き着け美容院で
南船橋で美容室を探しているならここ
髪の毛に関する豆知識を知りました。

紫外線が影響する髪と肌の違いがあるようです。

生きた細胞である肌と、表皮細胞(毛母細胞)が作り出した髪とでは

受けるダメージが大きく違います。

肌は炎症を起こします。

赤みが作られひどい時には火傷状態になります。

しかし生命活動をしていない髪が炎症を起こすことはありません。

紫外線を浴びた肌は一時のダメージで大きく痛み悲鳴を上げますが

髪の場合何も言いません。

なので確実に髪の劣化は進行しています。

気づきにくいからこそ恐いのですが

肌→皮脂を始め脂質の酸化スピードは速いため即ダメージが現れます。

髪→タンパク質なので、加速度的な変異は起こらずゆっくりダメージします。

そして髪の毛は、紫外線を浴びた時間や強さに比例して

光老化という老化現象が起こります。

紫外線が髪に及ぼす悪影響は枝毛・切れ毛などです。

毛髪は主にタンパク質でできています。

タンパク質というのはアミノ酸のシスティン結合により構成されていますが

紫外線を受けることによりこの結合が分解してしまうのです。

その結果、毛髪のキューティクルが剥がれて内部が乾燥し

枝毛、切れ毛、裂け毛などのダメージヘアの原因となります。

関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
気になるフラッシュモブ高知(2020年3月26日)
店頭窓口のその場で現金化をしてもらいました。(2016年8月22日)
紫外線が影響する髪と肌(2016年4月14日)
コンディショナーとトリートメント(2016年3月31日)
「褪色」(2015年11月 8日)